本文へジャンプ

音楽制作・ナレーション録音のスタジオシャーマニカ日記

プロフィール

スタジオプロフ写真

都内、格安レコーディングスタジオの【スタジオシャーマニカ】です。天井が高いのでドラムの抜け抜群!ギターなどの空気感までばっちり録れます。バンド・ナレーション・ボイスサンプル録音などで、 法人様・同人様にも多数ご利用いただいております。エンジニアは賞をとるほどの腕前ですのでミキシングやマスタリングも大好評☆コストパフォーマンスの高さでリピーターさん多いです、ありがとうございます★遠方の方はネット経由でのミキシングやマスタリング、音楽制作も可能です。
詳しくはStudioShamanikaのHPもご参考ください。




カテゴリー

リンク

最近のブログ記事

ドラムレコーディングのコツ

ドラムレコーディングのコツ
~スネアの録音・マイキング~

清華 2013年4月25日 15:19

スタジオシャーマニカのエンジニアの横矢です。
ドラムレコーディングのコツに関して、更新お待たせしました☆


さて、今回、これまた肝心なスネアの音作りです。
スネアは音楽の顔の一部です。
そうですねー、喩えるなら、、。歌がセクシーな「目」「唇」ならスネアは顔の中の「鼻」ですかね。
唇、目に比較したら鼻は整形手術ならプレート入れたりエゲツナく、お化粧ならやることは地味なわりにテクが要りそう。それで顔の中心っていう、、。
・・・・分かりづらいですかね(笑)
とにかくスネア(鼻)は肝心なんです。

スネアの種類は結構沢山ありますね。
スネアを構成するパーツの材質、大きさ、深さ、ヘッドの種類、選択肢が沢山あります。
これほど種類が多いのも、そこに求められる音色に拘りがある証と言えましょう。

大切なことは。
楽曲にあったスネアの選択、チューニングです。
スネア本体を不自由なく選び変えることは限界がありますが、
録音にあたっては曲毎にスネアを選ぶこともあるでしょうし、
またそのチューニングをしっかり曲の目指す音・方向性に合わせてください。

もの凄く厳密、神経質にチューニングすることもないけど、
チューンを合わせることで良い結果を期待できます。

で、ここで、

チューニングが大事とお伝えしたばっかりなんですが、、。
僕は、音楽ってピッタリチューニングが合ってるよりも少し(イイ感じに)ズレてる方がカッコいいと思います。
なのでドラム全体を叩いて「イイ感じかな」と思うところでいいのです。
チューニングを気にしすぎて路頭に迷い時間を無駄にしないようにwww。

最近は便利な時代ですね、
ネット、本等にスネア選び、チューニングについて詳しく解説してありますから、
レコーディング初心者の方は大いに参考にして下さい。

録音にあたってはチューニングの他に大切なのはミュート具合です。

ミュートとサスティン

スネアを叩く度に「コーン、コーン」と鳴りがのびる音。
「パン、ズバッ、」っとキレが良い音。
「ドン、バスッ」バスドラムぐらい音が太いスネアもあります。

録った後、ミックスの時にリバーヴでこれらの響きを作ってもいいですが、
録った音は録った音です。
伸びすぎた音をコンプで何とか合わせるのも限界があるし手間もかかります。
録る時に目的をもってスネアをセットする、叩けることが一番大事です。
キックの時もそうですが、曲アレンジに対した明確な意思の基にスネアが鳴る様にして下さい。
「コーン、コーン」と鳴っているのが録音の失敗という判断もある様ですが、
僕はこういう音も音楽やサンプラー音源で沢山聴いたことがあります。
何がいい音かは曲次第・それぞれの好みです。

ミュートでかなり音は変わります。スゴく大事です。
このセンスが最終的にミックスされる音楽をもしかしたら決定してしまうかもしれません。

スネアを選んで、チューニングしてミュートしてスネアの音を作る。
必ず一度録ってみて確認して下さい。
納得できるまでスネアの音色を追求しましょう。


<一本のマイクでスネアを録る。>

一本しかないのならスネアヘッドの叩く側にセットですね。
僕はスネアにはダイナミックマイクを選択します。
特に打面ヘッド側はドラマーさんがマイクをスティックで叩いてしまうこともありますから、
頑丈なタイプのものが良いと思います。スティックでマイクを叩いてしまうと「ポコッ」と情けない音が録れてしまいます。

ドラムプレイの邪魔にならない場所から音を狙います。
太鼓の音の理屈は大体どれでも同じことは今までも書いてきましたね。
スティックが当るヘッドの中央辺りを狙うと太い音がします。
リム、フープ側にマイクの狙いが寄ると段々音は薄い、高い音に鳴ってきます。
スネアの真横、上部リム辺りを狙うのもあります。これは更に薄い、だけど高めの音が録れます。
ヘッドからの距離でも音は変わります。マイクが遠くなり過ぎると音は薄くなりハイハットや他の音が被ってきます。
ドラマーさんのプレイの邪魔にならない、小さめで頑丈で''マイク本体で角度が変えられて''、''ケーブルが変にはみ出ない''マイクが良いと思いますよ。

曲中で静かなアレンジの時「カツ、カツ、カツ、カツ、、。」ってリムを叩いて演奏する時がありますね。
アレ、バランスが悪いとミックスの時「小せぇなぁ」となる時があります。
あの音、意外と曲アレンジに対しては大きく出したい時がある様に思います。
ミックス時にボリュームを上げれば済みそうですが、演奏が小さ過ぎると部屋の余計なノイズ、
ドラマーさんのヘッドフォンから漏れるクリック音なんかが大きくなってしまいます。
このカツカツ用にマイクを専用に用意する程トラック、マイクに余裕もないでしょうし、スネア周りはドラマーさんのプレイに影響しそうです。
エフェクト処理等で特別な場合はオバーダビングもあるでしょうが、
一度に録れた方がいいので小さい音で演奏しすぎない様にして試し録音後確認して下さい。

<2本のマイクでスネアを録る。>

スネア打面とスネアの裏側ですね。
裏側にはジャラジャラしたスナッピーが付いています。
第一選択はスナッピーとヘッドの境目ぐらいです。ヘッドからの距離は10センチ前後。
打面側と全く同じマイクで同じ距離に拘るのも面白いかも知れません。

スナッピーをモロに狙うことも、避けることもあります。
打面側もさることながら、このスネア裏、結構狙う場所で音が変わります。
狙い方に寄ってはキックの音が被ってきますので、マイクの指向性を利用して避けた方がいいですね。
ダイナミックマイクが基本ですが、
スネアのゴースト音やスナッピーのジャラジャラ感をより明確に録りたいのならコンデンサーマイクもアリです。
この場合あまりキックが激しくない場合に限られそうですね。

また、表程太い音だけ鳴ってる訳ではないのですが、スネアで太い音を録りたいのならリボンマイクもアリです。

スネアの種類の選択、チューニング、ミュート具合。

ヘッド打面側のどこを狙うか。スナッピー側のどこを狙うか。
マイクタイプの選択。
マイクの特性である''近接効果''を考慮して。

組み合わせは沢山ありますね。

しっかりと叩けてカッコ良く鳴っていれば、
サンプル音源を合わせなくても気持良いスネアの音が録れる筈です。


・・で、宣伝。
スタジオシャーマニカは都内でもめずらしい天井の高いスタジオです。
ドラムの音もカッコ良く録れますよ。
ドラムレコーディングのときに思いだしてくださいね☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音などで出られない場合もあり、すみません。
  折り返しさせていただきますので、留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ドラムレコーディングのコツ その4
『バスドラムのマイキング』

清華 2013年1月17日 18:08

都内中目黒にあるレコーディングスタジオ『スタジオシャーマニカ』です。

さて、前回はドラムをセットしたらとりあえず録ってみて音を確認する!
と書きましたが、その後ですね。
どんな録り方にするか。

あの・・僕は文章を書くのに慣れてないので、
読みづらい部分が多いと思いますが、
頑張って解読してください・・・・本当にごめんなさい。


≪一度に録れるチャンネルが少ないなら≫
マイク一本でドラム全体を録る!

聴いてみて、このへんがが良い音かな?と思う場所がある筈です。
その場所にマイクを一本立てて録るのも、明確なアタック音を必要としない曲や、
マイクがオフな感じでドラムの音を表現したい時にはアリですね。
ドラマーさんの叩く音がバランス良ければ中々良い感じで録れます。

マイクはドラムキットの真正面から見てキックとスネアの間かキックの真ん中、
高さはタムタムの少し上ぐらいかな?
初めは直ぐ近くからドラムキット全体、ドラマーさんのおヘソ辺りを
ダイナミックマイクで狙ってみましょう。
一度録ってみてそこから、イメージに合う場所までだんだんにマイクを離したり、
高さや角度を変えて見るのも良いと思います。
1メートル以上離れてしまったら、コンデンサーマイクの選択もありますね。

≪マイク2本でドラム全体を録る。≫

マイク2本なら、一本はその正面からで、もう一つはドラマーさんの頭上辺りですかね。
正面のマイクとドラムのシンメトリーに対して一直線
上が良いですね。ステレオのセンターのイメージは基本と思います。
トップマイクもそうなんですが、高く振りかぶるドラマーさんもいます。
意外とスティックが当ったりする時もあります。また遠くなりすぎない様に
この頭上のマイクの高さはよく考えて下さい。

≪マルチトラックでドラムを録る。≫

アタック音、ミックスでそれぞれの太鼓のボリューム、音色等を調整したい。
キックをバシバシ、スネアをパンパン、タムはキレイにパンしたい、シンバルは左右に広げたい。
ならマルチで録るしかないですね。

それではキック、バスドラムから始めましょう。
というわけで、前置き長かったですが、本日はバスドラムのマイキングについて話します。

キック、バスドラムのマイク選択、マイキング:

低音をバッチリ決めたい!!
俺のツインペダルテクを聴け!!
やんわり、落ち着いたバスドラムの音が良いなぁ。
サスティンは長い方が良い、短い方が良い?

いろいろ希望はあると思います。

曲に対してのバスドラムのサスティンがどのくらいなのか?
収録前にバンド内で、プロジエクト内で方向性をよく相談しておきましょう。
サスティンは要らない。いや、あった方が良いよ。
と録れた音を聴いたとたん意見が割れることが時々あるんです。

さて、ここでバスドラムの構造を振り返ってみましょう。

ざっと考えて、、。
ビーター、ペダル側のアタック面。
シェル(胴)。
フロントヘッド側。
フロントヘッドの穴。
この辺りが音に影響しそうです。

フロントヘッドの穴って何だろ?

フロントヘッドには穴が開いていることが多いですね。
これは空気を抜いて音の鳴り、サスティンを変えているのです。
詳しいことは本、ネットなどで勉強して下さい。
実際フロントヘッドってサスティンを必要としなければ録音的には無くても良いのですが、
これがないとビーターのはね返りが弱くてドラマーさんが演奏しにくいようです。

フロントヘッドのフープのネジってそんなにキツくしてないと思います。
でも緩すぎると叩くたびにフックがカタカタ音がするので、
緩い場合には振動で音がしない程度に締めてあげて下さい。

大事なミュート。

シェル内のミュートでバスドラムの音はもの凄く変わります。
バウンダリーマイクをシェル内に入れてしまう場合は特にです。

バウンダリーマイクはアタック音もさることながら、
ビーターの微妙なあたり具合も確実に捉えます。
僕のお勧めはシェルの直径4分の1辺りより下にフェルトを二重にシェルに沿う様にしています。
それ以上ミュートするとカスカスの味気のない音になります。
僕はだいたいバウンダリーマイクをバスドラム内にセットしてます。
真正面からアタックがしっかり録れ、これだけでカッコいい音が録れます。

フェルトが打面側に触れているか離れているかも大事なところですが、
僕は少しだけフェルトが打面に触れている状態にしています。
激しく振動している場所なので確実にフェルトとバウンダリーマイクをセットしてあげて下さい。
バウンダリーマイクをウレタン等で形をシェルのカーブに合わせ固定するのも良いと思います。
フロントヘッドの穴からケーブルが出てきますが、
僕はこのケーブルを穴に触れない様に工夫もしています。

バウンダリーマイクでなくアタック音を録りたい場合

実際キックはペダル側のピーターがあたっている面を録りたいのですが、
ペダルを踏む動作音もしています。またあの場所にマイクをセットしたらプレイの邪魔になりそうです。
でも、ここの音はビーターが打面を直に叩く音が録れます。
この場合マイクの向きから、録れた信号は逆相になっている筈なんで、
録っている時かミックス時に必ず逆相ボタンを使うことも必要かも知れません。
バスドラムシェル上からビーターをリボンマイクで狙ってる写真も見たことあります。
タムがセットされてなければここも面白そうですね。

フロントヘッドの穴からアタック音を狙う。

結構穴からってアタックの度に風が勢いよく出ているんです。
穴がフロントヘッドの真ん中で正面からモロにビーターを狙うのは僕はあまりお勧めしません。
だから風を避けて穴の少し外からビーターのあたる所目指して斜め下から狙う。
穴からマイクの頭ぐらいを突っ込んでシェル中の音を録ってもいいでしょう。

マイクの種類にもよるんですが、あまりビーターに近い所を穴から狙った時、
シェル内のマイクは強く演奏された時にプリアンプのゲインが高すぎると
「ペコっ」みたいな情けない音がする時があります。
そんな時はプリアンプのゲインを抑えるかマイクの方向を変えてみましょう。

トラックに余裕があればですが、
アタック音以外に低音をしっかり録りたい、
いつも聴いているバスドラの音を録りたいなら、もう一本マイクをセットしたいところですね。

アタックはもうセットしたので、もう一本はバスドラの打面側でない面。
フロントヘッド側にしてみましょう。
中心とリムの近くでは音が異なります。
柔らかい感じ、太い感じなら中心の方、硬い感じならリム近くです。
皮面からは振動するフロントヘッドのギリギリ辺りから10センチ程離れたところでも音が変わります。
僕のお勧めはリムの内側直ぐからマイクの中心が7センチらら10センチくらいになる場所です。
ギリギリにセットしたい時はフロントヘッドは結構振動で揺れてるのでマイクが触れない様に注意が必要です。

Attachment-1.jpeg

アタック音以外のフロントヘッドの音を録る時はコンデンサーマイクの選択もありですね。
低い音がしっかり録れそうです。
余談ですが、僕はYAMAHA社製NS10のウーハー部をマイクに改造して
バスドラの収録している写真を見たことがあります。
これを製品にしたのが同社製サブキックとなるんでしょうね。

まとめると、

やんわりしたキックの音を録りたいならフロントヘッドから10~15センチ程。
リム、フープ側より真ん中に近く
この場合フロントヘッドの穴は無くてもいいかもですよ。

例えばJAZZだったら、あまりアタック音は要らなさそうですね。
でもヘヴィーメタルで「オレのツインペダルテクニックを聴け」みたいな時はアタック音が大事ですね。

フロントヘッドの中心?外側?ヘッドからの距離は?バウンダリーを選択する?
穴からマイクの先端を突っ込んでみようか?

上級者なら低音を収録するためにリボンマイクを使ってみようか?

ミュート具合はどうしようか?サスティン欲しいからあえてミュート無しでやっちゃおー。

バスドラムを2本のマイク、ミュート具合の調整だけを考えてもいろんな組み合わせがありますね。

録ってみないとわからないことが沢山あります。

楽しいですねー。

あらら、バスドラムのマイキングだけでもうこんな字数になってしまいました。
次回は、、。スネアドラムのマイキングのお話です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音などで出られない場合もあり、すみません。
  折り返しさせていただきますので、留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ドラムレコーディングのコツ その3
『マイキング前の音チェック』

清華 2013年1月 5日 14:26

前回、前々回とカッコいいドラム録音をするために
「カッコいい音で鳴らす」「カッコいい音にする為のドラムセッティング」について
お話ししてきました。

今回はいよいよマイキング・・・
の前の音の最終チェックについて、です。


前にも述べましたが、教則本、雑誌なんかを参考にも情報は載ってます。
ネットにも沢山載ってます。
なので、僕はなるべく重複しないことを書きたいと思います。


さて、慣れてる環境なら、いきなりマイクを立て始めても良いですが、
初めて録る時は、ドラマーさんに先ず叩いてもらって
正面からドラムの音を確認しましょう。

よくありがちなのは、、。

ライヴではハイハットの音が大きいとパンク、ロックなんかではカッコいいですが、
レコーディングではハイハットを大きく叩きすぎると、
ミックスの時に希望の音量まで下がらないことがあります

これは単純にハイハットの音が、
強調したいキックやスネアよりも大きく演奏されてしまってるからです。

キックの音はそんなに被りはないですが、
ハイハットの音ってスネア、タム、勿論トップのマイクに沢山被ってきます。
録った後、スネアを上げたらハイハットが一緒に大きく鳴り、
ハイハットのトラックを下げても音が下がり切りません。

マイキングの前に、録る曲のドラムプレイを1メートルから3メートル程離れて良く聴いて下さい。
(大きな音をあまり近くで長時間聴きすぎると難聴になるので適度にしましょうね。)

楽曲に合ったそれぞれの太鼓、金物等の音量バランスを
ドラマーさんやメンバーさん、プロデューサーさんと相談しましょう。

きちんと鳴っていた音が収録できれば、ミックスの時に調整できます。

後にお話しするのですが、
マイクの指向性を利用して被りを避けてマイキングもできるので、
レコーディングだということを気にしすぎて、
狙う音色が変わってしまうほど、弱く叩く必要はありません

あくまでもカッコいいドラムのバランスの為です。

それと、ドラマーさんは普段ドラムの音を聞き手側とは逆の方向から聴いてます
意外と音のイメージが異なっていたりするものです。
ですので、大体のドラムの音のバランスが決まったら、
ドラマ―さんはとりあえず録ってみてから、音を確認するのもいいと思います。


さあ、音のチェックはできましたか?
次回はいよいよマイキングです。

md421se-case.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音などで出られない場合もあり、すみません。
  折り返しさせていただきますので、留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ドラムレコーディングのコツ その2

清華 2012年11月25日 16:44

≪ドラムレコーディングのコツ!≫
バンドやソロでドラムを録音したい方へ

こんにちは。エンジニアの横矢です☆
今回はマイキングのお話です。

さてマイキングの前にすることは?

そう!!
マイキングの前に当然ドラムのセッティングです。
カッコいい音にするため。
「どんな部屋でドラムを録ったら良い音するのかなぁ。」ですね。

天井が高い部屋は、広がりがあって音の伸びが良さそうです。
でもその曲に合った部屋ってありそうですね。

部屋で「パンパン」と手を叩いて響きを聴いて考えてみましょう。

響き過ぎるのも、響かないのもそれが良い悪いじゃありません。

どんなコンセプトをもって、どんな結果に導きたいか?
そこをよく考えて部屋、スタジオを選びましょう。

響きが無いデッドな部屋で録って、ミックスの時にプラグインで構築するのもありです。
響き、部屋鳴りを求めてスタジオを選んでも面白そうですね。

次に、部屋の何所にドラムキットをセッティングすべきか?
どこで録れば良いのか、よく考えましょう!

マイクスタンド、ケーブル、人の導線、どこに録音機材をセットできるのか?等も含めて
ドラマーさんと相談して場所を決めましょう。
レコーディングスタジオならハウスエンジニアさんは
当然音場が良い場所を知っているわけですし、
よくお話を聞いて相談しましょう。

場所が決まったらドラマーさんにドラムキットを組んでもらいましょう。
ドラマーさんにはきっと、そのセッティングに根拠がある筈です。

そこで、

タムがどう流れるか?
シンバルはパーン、パシャーンってステレオのどの場所キレイに鳴らすか?
のイメージをドラマーさんとよく相談して一緒にキットを組んでも良いと思います。

真ん中にシンバルがあることってマズ無いとは思いますが、
もしあってミックスしたとすると、
そのシンバルは真ん中で鳴ってしまいますね。

真ん中に鳴らせたいキック、スネア以外の打楽器って何でしょうか?
カウベルとかですかね?

ステレオのイメージって録るときから重要なんです。

スプラッシュはどこ?チャイナシンバルはどこで鳴らしたい?
もしセッティングとミックスのイメージが異なるなら、
単体で後にオーバーダビングするのもアリですね。

ステレオを想定した場合、マイキングは「どこに中心を作るか」が肝です。

トップマイクや、音源に対して比較的オフマイクのバランスが部屋に対して
ズレている、非対称でない。するとミックスの時に左右のバランスが悪くなりそうです。

部屋の壁からの音の反射もありますね。
反射しすぎている時は大きな厚めの布で吸音して下さい。

シンメトリーのイメージ。

録ってはみたものの、、。
「左右の何となくバランスが悪いなぁ。」
「シンバルが広がってないなぁ」とならない様に心がけましょう。

ところで、ドラムの中心って何所なんでしょうね?
キックとスネアは当然ですが、
叩く都合上どちらかが中心から少しだけズレている様に思います。
あまり神経質に考えなくても良いですが、
僕はスネア、キックの一塊でセンターと位置づけています。
その方がトップマイクのステレオバランスも良いみたいです。

前回も書きましたが、マイキングの詳しいことは雑誌や本を参考にしましょう。
またそれらを「必ずこうしなければならない」と思わないで下さい。

「こうやって録ったらどうなるんだろう」「誰某のバンドのレコーディング写真でこんなのを見た」
アイディアが浮かんだらどんどんチャレンジするべきです。

あらあら、マイキングする前にどうやらやることが沢山ありそうですね。
でもコンセプトをもって確実に音を捉えれば必ずカッコいいドラムの音が録れる筈です。
そして、こういうセッテイングを考えることってスゴく大事だし、楽しいことと思いますよ。

studio15mats2.JPG

と、ここで宣伝。
Studio Shamanikaは都内23区のスタジオでは珍しい天井が高いスタジオです!!
さらに半地下でドラムの鳴りが良いと大変評判です!

今すぐいい音でドラムをレコーディングしたい方も、
ドラムのセルフレコーディングを学びたい方も・・・
一度録りにくると曲のクオリティがあがって、
皆さんのお客さんも喜んでくれますよ!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音などで出られない場合もあり、すみません。
  折り返しさせていただきますので、留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ドラム レコーディングのコツ その1

清華 2012年11月 2日 16:47

こんにちは。
都内中目黒のレコーディングスタジオ【Studio Shamanika】のエンジニア、横矢です。
blogは基本的にマネージャーが書いてるんですが、
僕もレコーディングに関する具体的なことを記したくて書いてみました。


当スタジオで定評のあるドラムレコーディング(録音)について

このバンドのドラムの音はカッコいいなぁ。どうやってるんだろ?
と、録音に興味ある人なら一度は思ったことある筈ですよね。

自分達でドラム録音をしてカッコいい音を作ってみたい!!

なら、とりあえず録音してみるのが一番です。
やってみないと何も分かりませんから。

レコーディングスタジオに来る前にリハスタで録りながら練習したり、
プリプロするのは非常に勉強になりますし、
その工程を踏んでからうちに録音しに来ると、当日もスムーズです。

検索すれば指南してるページは沢山あります。
録音してる現場写真も見れますし、
大好きなバンドのドラムマイキングだって探せば見つかるかもです。
意外と安価マイク使ってるんだなぁ、これなら手に届くなぁ、、。なんて思えますよ。

教則本も沢山ありますね、雑誌にも載ってるし。

で、それらを勉強して、とりあえず録る!!

しかし、最初からはなかなか上手いこと行きませんね。

で、

先ずやらなければならないことは!

生でカッコいい音で叩けるのか?です。
「強く叩いて大きく鳴らせ」ってことでもありません。

日頃から良い音でドラムを叩けていたら、安価でマイクの数が少なくて、
練習スタジオのトップマイク2つでも絶対良い音で録れる筈です。
練習あるのみ。ヘボイ音が突然カッコ良く大変身する訳がありません。

波形切ってキレイに並べてサンプル音源と合わせれば良い!!
そんなのアマイでしょ
そういうことはカッコ良く録れて「もっとこの音にしたい!」となった時にしましょ。

ドラムを叩くことは根性がないと出来ないと思います。
ドラムってそういう楽器です。

録音してて「バランスが良い感じ」と思うドラムキットは
基本セット+1タム、1フロアだと僕は思います。
あとはその人の腕次第でいろんな組み合わせでも様になってくる。

シンバルはバシャーンときらびやかに鳴らしたいなら、パイステ系のが良いですし、
ジルジャンはもっとガシャーンって男らしく鳴る感じかなぁ。とか
曲に合わせてシンバルは選んで下さい。
割れちゃってる、曲がっちゃってるシンバルでも意外と曲に合ったりもしますね。

「タカタカタン、トントントン、ドンドン。」←(スネアからフロタムまでオカズを叩いてみた)
スネア、タム、フロアとオカズを回した時、イイ感じで音(音階?)が鳴っていますか?

Drumset2.JPG

チューニングもスゴく大事です。
曲に合わせてスネアのチューニングを変える。
ミュート具合を変える。
タムの口径に選択肢があるのなら、積極的に組み直してみましょう。

タムの鳴りはミックス時に大きく作用してきますね。
タムを叩いてない時に「ボヨンボヨン」変な音が聞こえてくる時も、
叩いた後、「ボヨーン」と残響が残ってしまう時もミュートして下さい。
タム裏のミュートでもかなり音は変わります。
あまりミュートし過ぎると味気なくなってしまいますので、
ある程度サスティンはあった方がいいと僕は思います。

で、これが一番大事。
良い音が鳴る様にキチット狙い通りに打面を叩きましょう
打面の叩く場所で音は変わります。

狭い部屋、大きな部屋、天井が高い部屋。部屋でも音は変わります。

目的に応じてスタジオを選択しましょう。
僕はシンバルやドラム自体の鳴りがいいと思うのは天井が高い部屋ですね。
広さもあまり狭いと窮屈ですし、アンビマイクは遠い方が良いし。

で、宣伝。StudioShamanikaの部屋は
都内でも珍しい天井が高い防音部屋がある!&半地下でイイ鳴りがする。と評判です!!

ドラム録音は録音の一番の見せ場です。
楽しいですよ。


次回は実際のマイキングのお話です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音の関係で出られない場合もございます。折り返しさせていただきますので、
留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ページの先頭へ戻る