本文へジャンプ

音楽制作・ナレーション録音のスタジオシャーマニカ日記

プロフィール

スタジオプロフ写真

都内、格安レコーディングスタジオの【スタジオシャーマニカ】です。天井が高いのでドラムの抜け抜群!ギターなどの空気感までばっちり録れます。バンド・ナレーション・ボイスサンプル録音などで、 法人様・同人様にも多数ご利用いただいております。エンジニアは賞をとるほどの腕前ですのでミキシングやマスタリングも大好評☆コストパフォーマンスの高さでリピーターさん多いです、ありがとうございます★遠方の方はネット経由でのミキシングやマスタリング、音楽制作も可能です。
詳しくはStudioShamanikaのHPもご参考ください。




カテゴリー

リンク

最近のブログ記事

マスタリング

マスタリングのコツ

清華 2013年7月14日 15:08

こんにちは。
都内中目黒から5分、恵比寿から10分のレコーディングスタジオ
【Studio Shamanikka】のエンジニアの横矢です。

最近、マスタリングシミレーターの進歩は目覚ましいですよね。

ですので、自分でマスタリングをしようと試みる人は多いはず・・。

そんな方々のために、
今回はマスタリングにおける音処理のコツについてのみ述べたいと思います。

さて、音を調整する最終段階なのですから、音楽再生環境を先ず整えるべきです。
マスタリングは十分に分析出来るスピーカーシステム環境がないと出来ません

とか云いながら、、。
最近は曲データを携帯音楽プレイヤー、PC、タブレットでデータで音楽を聴くのが主流?ですし、
その環境、ヘッドフォンでの音の善し悪しに音楽のイニシアティブがあると言っても過言ではないと思います。
これらの現状がヘッドフォンを大変進化させています。
最近のヘッドフォンはスゴイですよー。

なのでスピーカー音楽環境に自信がない人はヘッドフォンでマスタリングしてもいいですよね。
(さらに上を行きたい人は必ずスピーカーでもどう聴こえるか確認することもお勧めします。
またその逆も然りますね。)

僕が使用するプラグインの種類は
EQ、音像を広げる、マルチコンプ/リミッター。
コンピュータ上ですがプラグインの順番もこのままです。

その順にプラグインをセットしてマルチコンプ/リミッターを先に調整していくのか、
EQを初めに調整するのか?マルチコンプの後に音像を広げるのか?
これらはどっちともいえません。

僕は以前はEQから音を調整してましたが、最近はマルチコンプ/リミッターから調整し始めることが多いかな。
で、マルチコンプで大体の雰囲気を作り、リミッターで曲のグルーヴに切れ味をつける。
その後、不十分な所をEQで微調整して行く。

プラグインの性能、特性もありますし、こうしなきゃイケナイなんて事は絶対ないですから。
どの調整順が音楽に有利で操作性優れているのかいろいろ試してみましょう。

1、マルチコンプを操る

その1[音楽を分析する]

マルチコンプは大体4つに区切られてると思います。
音楽を「重低音感、低音感。」「中低音感、中音感。」「中高音感。」「高音域感、超高音域感。」
に分けてみましょう。

重低音感、低音感。
250Hz辺りで区切る時もありますが、とりあえず180Hz辺り以下としてみましょうか。
ここで区切ってゲインを上げて行くと音楽がズンズンとしてきますね。そのズンズンがどのHzあたりお好みですか?
低〜い方の重低音、主にキックのズンズンです。フロアタムのドスン。
そこより少し高い周波帯も含めるとベースのカッコいい重低音感が聴こえてる筈です。
ハードな音楽ならギターリフのミュートの感じもココですね。
境目の周波帯を前後してみましょう。聴こえてくる感じが変わっていきます。
主に洋楽で聴こえるカッコいい音楽の低音のグルーヴ感はココにたくさん詰まってる気がします。

中低音感、中音感はコード感が出てきますね。上げ過ぎるとコモって優しく聴こえてきますね。
250Hz辺りのベースのメロディ感も良く聴こえてきます。
この周波帯の上限(境目)は様々です。650Hz、もう少し上かな下かな?
歌の太い部分の芯がここにありますね。ギターのカッティングリズムもここにあります。
音を感じて上限を前後して下さい。中域は音楽の最大の鍵です。

中高音感、高音域感。2k、3k少し下には歌の聴こえが気持いい周波帯があります。
強くなり過ぎるとギターが強くなったり。
またその少し上の4、5kHzは要注意。
この周波帯は僕は耳が時々痛くなる所です。
ミックスのバランスで異なるのですが、いろんな楽器のアタック部分の芯の一つがここに重なってます。
上げたらスネアがイイ感じだなぁ、あっ、でもギターが痛くなってきちゃったなぁ。
薄いと情けない感じだし、濃いと痛たくなりがち。
ゲイン上げたらなんだか歌がキラキラして来たぞ。境目を前後して音楽を感じて下さい。

音楽を周波帯で捉えて何が足りなくて何が十分なのかじっくり分析しましょう。
帯域、中域と高域の区切りは特に難しいですけど、気持いいところで仕切っちゃっていいです。
後でも直せますから。

次に述べるコンプ処理も関わるのですが、
現時点ではコンプはあまりかかってない状態でちゅうちょせず、
お好みまでゲインを上げちゃいましょう。

もちろん下げることもありますが、
このマルチコンプのゲインは最終音量に大きく関わってきます。
ゲインを稼いだ方がより積極的に作業できると思います。
最初は音楽全体をどの様に操作出来るのかを理解しながらイメージして下さい。

後にEQで微調整する時に、現時点ではコンプをかけ過ぎない状態でゲインを操作した方が
分析には良い結果をもたらします。
コンプがかかりすぎているとEQの微調整で音が潰れてしまい、
何をしてるのか解りにくくなってしまいます

僕はコンプの感じは作業を始めてから最後まで、
ノリを感じることを重視し、コンプがかかりすぎないようにしています。

中域はゲイン低め。
低音、高音を上げるとドンシャリ。その逆ならこんもりと優しい音楽に。
その音楽のおおまかな感じ、方向性が決まってくると思います。

さて、次はマルチコンプの醍醐味。コンプの調整です。ここで、ノリを付与するのですが、、。
あらあら、長くなってしまいました。

コンプの調整のコツは、次回になっちゃいましたー

P.S.
当スタジオのエンジニアは、ミキシング、マスタリングのコツを
スタジオで作業を一緒にしている際に、惜しみなく話しちゃいます。

ですので、エンジニアの技術を生で見つつ勉強し、
自分もDTMの腕を磨く!なんて使い方をする方々がいっぱいいらっしゃいます。

ミキシングやマスタリングの方法が分からない人は、
一度うちに頼んでみてはいかがですか?


~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

Studio Shamanika

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音の関係で出られない場合もございます。折り返しさせていただきますので、
留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

マスタリング担当したCD、クマに鈴の『話の話』の音圧

清華 2012年12月 2日 22:18

マスタリングもやってます、
都内中目黒のレコーディングスタジオ【Shamanika】のマネージャー、清華です。

今回はマスタリングの話の話(笑)

【クマに鈴】というユニットさんのアルバム『話の話』を
当スタジオで担当させていただいたのですが、
彼らがスタジオに来たときの話・・・

なんと!
『マスタリングしなくてもいいんじゃないの~』
てな話から始まりました。

マスタリングを依頼して来てくださったのに・・・


あれ?

みたいな。


要はエンジニアとしては、音圧をがつんと上げて
いかにもマスタリングしました~みたいに仕上げるのは止めましょう。
ということを言いたかったんですね。

クマに鈴にはそんなマスタリングは似合わない。
彼らの作品は彼らの音楽がただそこにいてくれるように・・・。
ナチュラルに仕上げたのでした。

最近の音圧だけをバカみたいに上げた曲って、聴いてて飽きちゃうでしょ?
表情がなくなってるから。

音圧音圧って言ってくる方が多いですが
(勿論狙うとこによっては音圧重視もしょうがないのもあります)
うちは音圧一辺倒のマスタリングはしたくない。

音圧をあげちゃうと、代わりにダイナミクスやそれに伴う曲の表現など
失われるものも多いんです。

クマに鈴さんの場合は、
曲のコード感やお2人のノリ、そして彼らの表現したいことを大事にしたかったんです。
ですから、マスタリングは最後の香りづけにふわっと作業させていただきました。
-うちのシェフ横矢談-

どんな音に仕上がったかは、
ぜひ『話の話』を開いてくださいね。
話の話_クマに鈴.JPG
レコーディングとミキシングはご自分たちでされたそうです。
とっても活動的な方々なんです。

そして本日は【クマに鈴】さんのLiveだったので、
会場の下北沢の教会まで行ってきました。

教会でっていうのも面白いですよね。
私はゴスペル以外の音楽は教会初体験です。

とっても可愛くてさりげない飾りがあちこちにありました。

タイムテーブルも手作り感あっていい感じ。
クマに鈴Live2.jpeg

なんと聖歌隊をひきつれてのLiveでした!
クマに鈴Live1.JPG

クマに鈴のお2人の世界観は独自性があって、
本当に素敵です。

聴くとなんか気持ちがほっこりするので、
寒い冬にこそ聴いてくださいね。
こたつにも似合いそうだなあ・・・・、なんて☆


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

≪Studio Shamanika≫http://studioshamanika.com

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音などで出られない場合もあり、すみません。
  折り返しさせていただきますので、留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

≪声優養成レッスン≫http://seiyu-lesson.studioshamanika.com/

≪清華の声部屋≫http://studioshamanika.com/sayakavoice/
清華のボイスサンプルが聴けます!音声素材の無料ダウンロードも☆
声優・ナレーターのキャスティングも承れます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

マスタリングについて

清華 2010年1月15日 16:38

こんにちわ、Studio Shamanikaのマネージャーの清華です。

当スタジオでは『立ち会いありのマスタリング』と、
日本全国どこにお住まいの人でもOK、
データを送ってやりとりする『立ち会い無しマスタリング』という
2種類のマスタリング方法があります。

まず、『マスタリングって何?』というご意見もとても多いので
以下に書いてみました。

■マスタリングとは?

CDなら制作した楽曲をプレス会社に送る前、DL用なら配信・流通会社に送る前に行う
最終作業が『マスタリング』です。
マスタリングによってできたメディアを、『マスター(原盤)』と言います。

では、具体的にする作業はどんなもんかと言いますと・・・。

1.音質の最終調整
2.ノイズの除去
3.曲間の調整
4.各曲の音量・音圧・バランスの最終調整

上記を細かく説明しますと・・・

1.音質の最終調整

 2mixに仕上げた楽曲のボーカルをもっと出したい、低音をもっと出したいなどの
各パートの音のバランスを仕上げます。
 もやもやして聴こえる部分をクリアにさせたりなど、
各曲の音質を最終調整します。

2.ノイズの除去
 
  録音をする過程では、いろんなノイズも入りこむものです。
 しっかりしたスタジオで録音していれば、ノイズもほとんど無いものですが、
 特に宅録をされた場合などは、ケーブル接続時の問題などでもノイズが入り込んでいる
 ことも多く、そういったノイズを除去していきます。

 ただ、除去できるノイズには限界があります。
 ※どんなに良い機材や技術があったとしても限界はあります。
 
 出来るだけレコーディングの段階で、ノイズは入らないようにするのが理想です。

 このノイズは除去できるかなあ?・・と気になったら、音源を一度送ってください。
 こちらで確認してお返事いたします。

3.曲間の調整
 
アルバムなど複数曲収録されるものを制作する場合、
1枚の作品としての流れを作るために、曲間をどうするかは重要です。
1曲目と2曲目の曲間は短めに、5曲目と6曲目の曲間は長めに,
3曲目と4曲目はつながった感じで(クロスフェード)・・など、
曲間をここで決めていきます。

4.各曲の音量・音圧・バランスの最終調整

ミックスを終えた段階の音は、市販のCDの音に比べてやけに小さいなあ、と
感じたことはありませんか?
マスタリングの行程で、音量・音圧上げをするからなんです。

音量・音圧は大きければいいわけではありません。
その曲の雰囲気・ジャンル・その曲をリスナーが聴く媒体が何かを意識して
調整します。
例えば、CDにする用とDL用とでは仕上げ方が多少違います。
クラシック曲に対して音圧をがんがんに上げても、
クラシックにとって大切な曲全体の抑揚が無くなってしまいます。

また、音量・音圧を上げすぎると音が歪んできます。
何かを得ることは何かを失うこと・・・。
最近は音圧重視傾向にありますが、
当スタジオではその楽曲の良さを最大限に引き出せるような作業をしたいので、
音圧に関しては、『大きければ良い』はお勧めしません。
迫力はあるし、曲の表現もきちんと伝わる・・オイシイところを狙っていきましょう。


アルバムの流れを作るための、全体を通しての音量バランスなどもマスタリングの大事な作業です。
 マスタリング当日までに、皆さんにはこの全体像のイメージも決めてきていただければ理想的です。
その方が、当日スムーズに作業が進みますicon:face_smile

■立ち会いマスタリングの流れ

1.打ち合わせ
 どんな風にしあげたいか確認
    
     ↓

2.マスタリング作業開始
 各曲を部分的に作業する他に、最低3回は通して聴きながら作業します。
     
     ↓

3.音の確認
 一度CD-Rに焼いて全体を通して聴き,最終チェック。

     ↓

4.マスター完成
 確認してOKなら、マスターメディアに音を焼きこみます。
 
 プレス会社さんに提出するマスターはサブも含めて2枚を規定としている
 ところが多いです。一番速くても4倍速以下、通常等倍速でと規定するプレス屋さんがほとんどなことからも分かるように、焼く作業には時間がかかります。
 
 出来上がったマスターとタイムシート(マスターにどんなものが入っているかを記したものです。プレス会社さんに一緒に提出してください。)をお渡しして終了。


■立ち会い無しマスタリングの流れ
(スタジオに来る必要のないマスタリング方法です。
 楽曲データをネット上のデータ転送サービスやご郵送などで送り合って作業します。)

1.楽曲ご提出
 データ便や郵送などで楽曲を送っていただきます。
 メールで、どんな風に仕上げたいかを書いて送ってください。

 足りない部分はお電話で確認することも。

    ↓

2.マスタリング開始
 当スタジオのエンジニアが一人で作業をします。

    ↓

3.第一回目提出
 マスタリングした音源を確認していただきます。
 ※データ便にてお送りします。
 お直しは1回まで無料ですので、直したい部分があればお伝えください。
 それ以上のお直しをしたい場合、追加料金がかかります。
 価格はご相談ください。
    ↓

4.完成品提出
 完成した音源をメディアに焼いてご自宅にご郵送,
 又はデータ便で納品(メディアに焼く必要がない場合,お急ぎの場合など)します。
 また、プレス屋さんに直接郵送など、
 お客様のお好きな納品方法をお選びください。
 


 


以上がマスタリングの概略です。


 当スタジオはエンジニアのセンスが売りでもありますが、
だからといって、エンジニアの好きに作業を進めるわけではありません。

お客様のイメージ・ご要望を大事にするのがモットーですので、
『こういう曲に仕上げよう』というイメージは、
出来るだけ事前に固めてきてくださいね★

こんな風にしたいという理想のCDをお持ち込みされるのも大歓迎です!!



 

Studio Shamanika

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00
録音の関係で出られない場合もございます。折り返しさせていただきますので、
留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

マスタリングに関して多い質問

清華 2010年1月14日 03:00

Q.『自分で過去にマスタリングした音が気に入りません、
  それをさらにマスタリングしてもらえますか?』

A. はい、できます。
  
  ただ、いじってしまってある音は、こちらでマスタリングをしても
  最大の効果がでにくいです。
  2mixに落としてからは何もされていない音の方が、作業しやすく
  いい音に仕上がりますので、いじっていないデータがあれば、
  そちらを送ってくださることをお勧めします。


Q.『ナレーションやボイスドラマもマスタリングは必要ですか?』

A.  はい、必要です。
  音量・音圧調整などマスタリングにあたる作業は声の作品でも必要です。
  
  ただ、その音声の用途によっては簡易マスタリングで良かったり、
  また、声の作品の場合は、一度こんな感じというビジョンが決まると、
  サクサク作業が進むことが多いので、
  (音楽ほど多数の音が重なったものではないですし、同じパターンのものを
   複数作ることが多いため)
  音楽に比べて作業は速く終わることが多いです。
  
 
  音質をそこまで必要としない場合は、バウンスを速く終わらせる裏ワザ
  使えたりと、声の作品の方がなにかと早く終わるケースが多いので、
  ご予算が少ない場合も大丈夫かも!?
  
  ※通常バウンスは、仕上がったものの長さと等倍の時間がかかります。
   例:1時間のラジオドラマ作品なら、1時間のバウンス時間


Q.『マスターメディアには、何を使うんですか?』

A.  当スタジオでは、マスター用のメディアをいくつかご用意しています。
  
  うちで一番安いのが太陽誘電の『CD-R for MASTAR』で、1枚700円
  ご提供していますが、ご持参された方が安いので、
  好きなメディアをお持ち込みいただくことをお勧めします。
  
  最近は通常のCD-RでOKというプレス屋さんも多いですが、
  マスター用に作られている物の方が、確実に音がいいです。
  
  勿論、普通のCD-Rでいいという方は、当スタジオは太陽誘電の物を
  使っていますが、CD-R代は無料です。


Q.『立ち会い無しマスタリングの納期は?』

A. その時のエンジニアのスケジュール、作品の量によって変わります。
  
  アルバム1枚10曲程度の場合・・。
  1回目の提出(データ便による)まで、1週間を超えることはありません。
  平均2日です。
  完成品納品にかかる日数は、1回の無料お直しがありますが、
  直す部分をご指示いただいてから平均2日で再提出しますし、
  
  ご依頼を受けてからご自宅にマスターが届くまで、
  早ければ1週間以内というところでしょうか。
  データ納品ならもっと早くも可能です。

  なお、お急ぎの方はメールではなくお電話でご依頼くださいませ★


Studio Shamanika

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00
録音の関係で出られない場合もございます。折り返しさせていただきますので、
留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

CDプレス・コピー

清華 2010年1月10日 23:35

スタジオシャーマニカでは、CDプレス・コピー業務も承っております。
詳しくはお問い合わせください。

音楽流通

清華 2010年1月 2日 23:42

スタジオシャーマニカでは、音楽の流通サービスも行っております。
詳しくはお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る