本文へジャンプ

音楽制作・ナレーション録音のスタジオシャーマニカ日記

プロフィール

スタジオプロフ写真

都内、格安レコーディングスタジオの【スタジオシャーマニカ】です。天井が高いのでドラムの抜け抜群!ギターなどの空気感までばっちり録れます。バンド・ナレーション・ボイスサンプル録音などで、 法人様・同人様にも多数ご利用いただいております。エンジニアは賞をとるほどの腕前ですのでミキシングやマスタリングも大好評☆コストパフォーマンスの高さでリピーターさん多いです、ありがとうございます★遠方の方はネット経由でのミキシングやマスタリング、音楽制作も可能です。
詳しくはStudioShamanikaのHPもご参考ください。




カテゴリー

リンク

最近のブログ記事

ドラムのレコーディングについて【第3回】

清華 2018年1月28日 16:13

ドラムのレコーディングについて(第三回)

こんにちは。
都内中目黒駅から徒歩5分、恵比寿から10分の
スタジオシャーマニカの録音エンジニア、清水です。


今回は、実際にシャーマニカで録音したドラムの音を聴いてもらおうと思います。

IMG_3759.jpgのサムネール画像

シャーマニカではこんな風にセッティングすることが多いです。
ドラムセットはヤマハのロックツアーカスタムが置いてあります。
各タイコのサイズは
RackTom 10"12"13"
FloorTom 14"16"
BassDrum 22"
こんな感じです。
これだけあれば、様々なジャンルに対応できますね!
特徴的なのはフロアタムで、通常フロアタムは3本のレッグで支えますが、シャーマニカのフロアタムは、タムタムと同じようにタムホルダーでマウントしています。

ドラマー側から見るとこんな感じ。

IMG_3764.jpgのサムネール画像

今回のサンプルはロックな感じで、
木(メイプル)のスネアと金属(ブラス)のスネアの違い、
ミュートありとミュートなしの違いが分かるように収録してみました。

では聴いてみましょうー

いかがでしょうか?
シャーマニカでドラムを録ろうと思っている人への参考になれば幸いです。

今後も様々なジャンルのドラムサンプルをアップしていく予定ですので、お楽しみに!

ではではー!

ページの先頭へ戻る