本文へジャンプ

音楽制作・ナレーション録音のスタジオシャーマニカ日記

プロフィール

スタジオプロフ写真

都内、格安レコーディングスタジオの【スタジオシャーマニカ】です。天井が高いのでドラムの抜け抜群!ギターなどの空気感までばっちり録れます。バンド・ナレーション・ボイスサンプル録音などで、 法人様・同人様にも多数ご利用いただいております。エンジニアは賞をとるほどの腕前ですのでミキシングやマスタリングも大好評☆コストパフォーマンスの高さでリピーターさん多いです、ありがとうございます★遠方の方はネット経由でのミキシングやマスタリング、音楽制作も可能です。
詳しくはStudioShamanikaのHPもご参考ください。




カテゴリー

リンク

最近のブログ記事

ボイスサンプル制作の極意

清華 2011年5月10日 20:29

こんにちわ。
都内中目黒のレコーディングスタジオ【Studio Shamanika】のマネージャー清華です。

昨日はボイスサンプル録音がなんと!1日に4組も!!
バタバタと大変な1日でした。

ボイスサンプル作り慣れていらっしゃる方には
『当然よ~今更~?』な内容かもしれませんが、
ボイスサンプルを制作するにあたっての注意点を確認しておきましょう。


まず、ボイスサンプルは何のために作るのでしょう?
・声の仕事のオーディションを受けるため
・声優・ナレーター事務所の所属オーディションを受けるため
・事務所に提出するため
・声の仕事をくれそうな方に売り込むため

上記のどれかを理由にすることが99.9%だと思います。

ということは!
皆さん声のお仕事をしたいから作るんですよね。
だったらお仕事をもらえるようなボイスサンプルを作りましょう!!

けっこう多いのが、指定された通りの(3分以内とかCD-Rに入れて郵送とか)
ボイスサンプルを作ればいい、
そこまでしか頭が回っていない方が非常に多いです。
そんなんじゃ勿体無いです、せっかくお金と時間を使ってスタジオに
録音しに来ているのですから!
以下の点にも注意です~

【先方がどんな仕事を持っているか】
事務所さんは声の仕事なら何でも持っているわけではありません。
ナレーターにしてもTVのお仕事に強いのか、イベントのお仕事に強いのか、
コンテンツのお仕事に強いのか・・いろいろです。各事務所によって違います。
ご自分が受ける事務所さんにくる仕事と同じような台本を用意してください。
台本を選ぶセンスもしっかり見られています。

例:結婚式の司会専門の事務所を受ける場合
  必ず結婚式の司会の台本を入れ、何パターンか作る場合も同じような
  セレモニー系の司会台本にした方が効果的です。

【やたらと音楽を入れていい?】
バックに音楽を入れる方が多いですが、どれもこれも音楽付きというのはお勧めしません。先方はどんな声かを聞きたいわけですから、音楽ばかり目立つのはどうかと思います。サンプルには音楽は入れないでという事務所さんもいるくらいです。
ですので、何パターンか読むのでしたら音楽を入れるのはその中の数パターンにし、
音楽の音はぎりぎり聴こえるくらいの程度におさえましょう。
当スタジオではバックに音楽を入れる際には喋りとぶつかる部分は音量をその辺りだけ小さくしたり細かく編集しています。
ただし、音楽があった方が本番に近い仕上がりでクライアントさんがイメージしやすいこともあり、TV番組ナレーションのオーディションなどには特に音楽をよく入れますが、
これも音楽と声の音量のバランスは絶対に気をつけてください。
審査のときにPCでサンプルを聞く方も多いので、音楽はあまり高音がシャカシャカしたような楽曲や元の音質が悪いものは声の質まで下がったように聴こえるので要注意です。

【振り幅を魅せる】
事務所所属目的などのボイスサンプルは通常何パターンか台本を用意します。
明るい声・しっとり落ち着いた声・キャラっぽく癖のある声などなど、
演技や出せる声の振り幅を魅せましょう。
それが魅せられない台本は変えましょう。

【与えられた時間はわずか】
オーディションは多数の方が受けます。
特に最近は声優ブームで声優のお仕事をしたい人がわんさかいます。
審査をする方は、一つ一つのサンプルをしっかり聞く暇がありません。
出だしの印象で駄目だと思われたらすぐにプチっと切られます。
ですので、ボイスサンプルで一番始めに聞かせることになるご自分の名前・自己紹介の
部分で一番いい声が出るように命をかけてください。

【そのCD-R大丈夫ですか?】
当スタジオで作ったボイスサンプルを家に持ちかえって焼き増ししようとしている
そこのあなた!ディスクはちゃんとしたものを使っていますか?
ジャンク品のCD-Rを使っていると、提出したCD-Rに何も入ってなかった!
ということにもなりかねません。
実際に当スタジオにバンドのサンプル音源やボイスサンプルなどを『こんなの作ってみました』と送ってくださる方がいるのですが、再生されないということがよくあるんです。
せっかくの努力が水の泡にならないためにも、ディスクはしっかりした品質の物を選びましょう。太陽誘電のものがエラーがほとんど無くお勧めです。
また、焼いた後には必ずPLAYをして音が出るか確認してから送りましょう。

【ディレクションって大事】
声の仕事をしたいと頑張っていらっしゃる方って、発生や喋りのレッスンに通われて
いらっしゃる方が多いみたいです。
それならぜひ、その先生もレコーディングに呼んじゃいましょう。
先生に録音時のディレクションをお願いすることによって、
仕上がりがぐんとよくなります。1人でいらっしゃるより普段から知っている人と来る方がリラックスしてできますし、いろんなメリットがあると思います。
台本もぜひ先生と一緒に選んで、ご自分のいいところを出せる台本はどんなものか
先生のご意見も聞いてみてください★
過去に当スタジオにレコーディングにいらした方々を思い浮かべると・・
先生やディレクターさんといらした方の方が結果が断然良かったです。
ご参考まで。


ボイスサンプルで全てが決まるといっても過言ではない声の世界。
ぜひぜひ準備をしっかりして、いいボイサンを作りましょう!!!

Studio Shamanika

03-6661-8952
★電話受付:9:00~23:00(不定休)
録音の関係で出られない場合もございます。折り返しさせていただきますので、
留守電にお名前とご用件をお願いします。

Mail:info@studioshamanika.com
〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-8-8 パリエンテ101

ページの先頭へ戻る